ブログ

T・スタイル的リフォームはデザイン性も重視します

最近はリノベーションという言葉も、大分目に入ってきました。
T・スタイルのホームページでも、
リフォーム事例とリノベーション事例を分けて掲載してます。
そこで、今回はリフォームについてT・スタイル的に解説します。

デザインリフォーム AR邸

リフォームとは

まず、辞書(Weblio)より

リフォーム:建物の改良、改善、改築、模様替え

reform:改善、是正、改正

修繕とは:雨漏りや水漏れ、設備などの「修理」が目的の場合)

つまり、

  • 古くなったり、不具合が出た部分に対して、元の状態に戻すような改善工事。
  • 単に雰囲気を変える、部分的な模様替え工事。
    という事です。

T・スタイル的、位置付けは

・目的

お住まいの生活スタイルを変えず、元の状態に戻したり(現状回復)、改善するような工事

・規模

小規模な工事から。
器具の取替え(キッチン、トイレ、浴室、洗面所等)。
壁紙(クロス)の貼り替え、床(フローリング)の貼り替え、畳替え等。
外壁、屋根の塗り替え、屋根材の葺き替え等。

・費用

数万円から。
あつかう部分が多ければ、数百万円かかる。

リフォームのメリットは

・工事費用が最小限で済む

あまり費用をかけずに、不具合部分を改善したり、見かけの改善等
割り切って考えられる方にはおすすめです。

・工事期間が短くて済む

特に住みながらの工事の場合は、工事業者とも大変気を遣います。
部分リフォームの場合は1日~数日で完了できます。

・近い将来の建て替え、売却に備える

今のお住まい、または購入予定の中古物件に対して、
数年後の建て替えや売却の計画も選択肢にある場合、
今は無理をせず、小規模なリフォームを行い、
将来のための貯蓄をしておくことも可能です。

リフォームのデメリットは

中古の建物を長く維持するためには、表面だけでなく、見えない部分のメンテナンスも必要になってきます。
リフォーム工事の場合、表面的な改善が主であるため、
気づかないうちに構造体や骨組み、配管等が傷んで、別の修繕費用が発生する場合があります。
例えば、築年数が古い(20年以上)のリフォームを行ったすぐ後に、水漏れや雨漏り等発生し、
修繕のため、床や壁を解体しないといけないケースも出てきます。

また、時期をずらして何か所もリフォームする場合は、その都度養生や家具移動などの費用がかかり、
コストパフォーマンスも悪くなります。

まとめ

リフォームは小規模なものからあまり費用をかけずに、住まいを改善できる工事です。
ただ、いくつも場所が増えたり、建物の資産価値を高めるような目的の場合は、
リノベーションや建て替え、売却など、将来的な視野も入れてみましょう。

 

デザインリフォーム実例 ⇒ ミッドセンチュリースタイル(洗面所)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログランキングに参加してます!
一日いちポチッお願いします!

人気ブログランキングへ

2016-06-24_16h01_59

おすすめ記事!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキングに参加してます!
一日いちポチッお願いします!

人気ブログランキングへ

最近の記事

プロフィール

2016-01-08 19.45.52-1

国友 武士
・一級建築士
・一級建築施工管理技士
・㈲建築工房T・スタイル 代表取締役
・1970年生まれ、福岡市出身、福岡市在住
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
住まいづくりを通して、
そのプロジェクトに関わったすべての方々が
「よかった!」「ありがとう!」と思える
建築の姿を探求し、”独自のスタイルで
設計から施工まで一貫して請負う建築会社”
を2003年に設立。
「現場は生きもの!現場第一主義!」を
モットーに日々現場を走り回ってます!!
詳しくはこちら

RSS ちげえる日記(大工さんのブログ)

  • ぼちぼち! 2018年10月23日
    博多は雨のち晴れ。引き続き、東区 多の津のマンションに。昨日からの 解体を進めます。 こっちはこれまで。反対の […]
  • 4年! 2018年10月22日
    早いもんで10月もあと十日ほど。このブログも10月で4年目でした。(゚∀゚)ワスレテタ!4年ってあーた!すげー […]
  • 今時! 2018年10月20日
    今週も今日まで。博多は昨日今日と昼間も肌寒くなっとります。昨日は宗像に是正頼まれて。 結構雨が降りましたな。ん […]
ページ上部へ戻る