お知らせ

雨漏り修繕は火災保険が使えるかも!

最近は集中豪雨も多くなり、
気づいた時には天井から壁から床まで雨漏りでビタビタ・・・。
慌てて屋根修理業者を探すことになるかもしれません。

そうなる前にちょっとした準備をおすすめします。
まずは、加入している火災保険の補償内容を確認してみましょう。

火災保険の風災(ふうさい)とは

風災:台風、旋風、竜巻、暴風等をいい、洪水(こうずい)、高潮等を除きます。

台風や竜巻、暴風などに伴う強い風が吹くと、屋根瓦が飛んでしまったり、風で飛んできたもので窓ガラスが割れてしまったりといった被害を受けることがあります。また、直後に雨が降れば、建物が壊れてしまった箇所から水漏れが起きて、室内の家具がダメになってしまうことも考えられます。また、雹(ひょう)は小さなものでも固いため、窓ガラスが割れてしまうことがよくあります。雪のたくさん降る地域では、豪雪や雪崩(なだれ)で家屋が倒壊するなどの例があります。

引用: 損保ジャパン日本興亜

建物が保険の対象の場合はもちろん、家財も対象なら、家具の損害にも適用できるようです。

保証内容の詳細については加入保険会社の契約書、約款を確認したり、保険会社へ問合せしてみてください。

火災保険の補償条件

かつては、修繕費用が20万円以上というのが支払い条件だったようですが、
現在は自己負担額を設定して、その金額を超えた分を補償する仕組みに変わっているようです。

雨漏りの原因が台風等の強風による屋根の破損という判定が出れば補償になります。

強風による被害を受けた日から3年以内に申請をする必要があります。
3年以内の申請なので、修理しなければいけないのではありません。

明らかな建物の老朽化、経年劣化による雨漏りは火災保険の対象外ですが、
100%経年劣化であると判断するのは素人目でも、専門家でも難しいです。
最終的にそれを判断するのは保険会社が依頼した鑑定会社(鑑定人)です。

3年間の内に一回でも強風が吹いた場合なんてよくあります。
それが原因で小さくても屋根の浮きやひび、きずや隙間があれば、
集中豪雨や横殴りの雨の時にだけ雨漏りが発生するケースも多くなっています。

また、台風や突風で受けた損害であっても雨漏りは長期間放っておくと
自然災害との関係性が立証しにくくなり経年劣化と判断されやすくなってしまいます。

普段から気を付けるのも大変ですが、年に1回でも定期点検をすれば、安心でしょう。

rain-1479303_640

雨漏りを発見したらまず修理業者(当社)へ調査依頼

保険会社へ連絡する前に、まず当社へ連絡をください。
被害状況を調査して、被害状況写真等と見積書を提出します。
現場調査は屋根、外壁、雨樋や窓、室内の天井、壁等調査します。
被害状況の写真を撮り、保険が適用できるか、まず当社が判断をしますが、
保険が適用できるかとは関係なく、きちんとした修繕見積りは必要です。

次に保険会社へ連絡してもらいます。
保険会社の担当者から指示があります。
調査報告書と見積書を提出(申請)します。
後日保険会社から連絡があります。
被害が少額であれば、写真や見積りなどで判断することもありますが、
鑑定人(鑑定会社)が現地調査を行い、補償対象かどうかの判断をして、
報告書を保険会社に提出します。

その報告書を元に保険会社が保険金額を決済します。

金額が確定したら、指定した口座へと入金されます。
そのあと、連絡をいただければ、工事日程の打合せ等に入ります。

火災保険を申請した場合、通常は保険が下りるまで工事に取り掛かりません。
その期間は数か月掛かることもあります。

全く保険が下りなかったり、減額された場合は自費負担が多くなるため、
保険金額や予算に合わせて、お客様の要望順位の高いところからのご相談等を打合せすることになります。
一刻も早く修繕したいと不安でしょうが、緊急を要する工事以外は判定結果を待った方がよいでしょう。

何よりも、特に築年数が経った建物は事前の調査、メンテナンスが重要です。
わたしたちの身体と一緒ですね。

 

2016-06-24_16h01_59

ページ上部へ戻る