ブログ

快適な住まいづくり(大野城市)~戸建てリノベ編~④

■床下も総点検!

根太や土台等の木材が腐ってないか、点検します。
例の雨漏り部分に雨染みはあったのですが、腐りまではしてなかったので
そのままで様子をみます。

DSC02507-1  DSC02511-1

他の場所は大丈夫でした。

DSC02521-1

■雨漏り箇所の修繕!

雨漏りの状況に施主様もかなりショックだったようで、
不動産屋さんと交渉し、少しは修繕費を頂けたようです。

必要最小限の修繕で済むように慎重に解体します。

20151207_120007-1
外壁のデザインも考えながら出窓風に改良することが出来ました。

20151226_093604-1

結果的に、リビングも広く感じられて、施主様も満足されました。

20151224_160859-1

■予想以上、バルコニーの修繕!

バルコニーのFRP防水。ひび割れ部分を剥いでみると・・・
ここも木下地が腐ってグサグサ。
防水の上塗りだけ補修する予定でしたが、急きょ構造合板を上貼りし、
FRP防水をきちんとやり直しました。
これでひと安心です。

20151208_093839-1 20151208_150134-1 20151209_125231-1

つづいて、錆びた板金笠木だけを取替える予定で剥がしてみると、

20151212_093925-1

またまた、雨漏りで腐っている・・・。 😥

20151214_153349-1

防水テープを貼りかぶせ、合板を上貼りし、
その上から板金をかぶせます。15年以上はもつように考えた、
コストを抑えた緊急対応です。

20151214_163425-1 20151215_101809-1

 

20151224_104259-1

まったく、中古住宅ってヤツは―――。予定外でも見過ごすわけにはいかないのです。 😕

雨仕舞(あまじまい:雨漏りしない取付方)というのは、特殊な技術ではなく、
水の流れを予測し、当たり前のことをメンドクサがらずに施工すれば
防げる要素が多々あります。
こういった現状は同業者として、悲しくも腹立たしくもあります・・・。

 

 

 

おすすめ記事!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキングに参加してます!
一日いちポチッお願いします!

人気ブログランキングへ

最近の記事

プロフィール

2016-01-08 19.45.52-1

国友 武士
・一級建築士
・一級建築施工管理技士
・㈲建築工房T・スタイル 代表取締役
・1970年生まれ、福岡市出身、福岡市在住
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
住まいづくりを通して、
そのプロジェクトに関わったすべての方々が
「よかった!」「ありがとう!」と思える
建築の姿を探求し、”独自のスタイルで
設計から施工まで一貫して請負う建築会社”
を2003年に設立。
「現場は生きもの!現場第一主義!」を
モットーに日々現場を走り回ってます!!
詳しくはこちら

RSS ちげえる日記(大工さんのブログ)

  • 連休の! 2018年4月25日
    博多は雨のち曇り。連休の話題が出とる中今日も 早良区内野に。作業は床の続きで養生が来てから&nbsp […]
  • 雨振り! 2018年4月24日
    博多は雨。結構雨風強く涼しくなりました。んで早良区内野続き。フローリング貼りですが朝から設備が来て配管の続き […]
  • 今週は…! 2018年4月23日
    月曜の博多は曇り。朝、車に乗り込むとき後輪に釘が刺さってるのを発見。先週末に刺さったんだろうか。空気抜けてない […]
ページ上部へ戻る