ブログ

快適な住まいづくり(大野城市)~戸建てリノベ編~③

■いよいよ着工!間仕切壁の補強工事から

売主の方の引越しも終わり、本格的に現地調査に入ります。
キッチンを移動するには、動線確保のため間仕切壁の撤去が必要です。
一部を剥がして構造の状態を見ます。

20151127_180549-1

梁の補強をすれば、なんとか壁を撤去出来そうです。

20151203_162711-1

なんとか撤去出来ました。

 

■やはり・・・雨漏り発覚

初見の時に気になった窓まわりです。
売主の方の話では、以前雨漏りしていた所も今は直っているということでしたが、
この外壁のコーキング処理の仕方、とても気になります。(矢印部分)

DSC02430-2

内壁の石膏ボードを剥がしてみると、間柱も構造合板も腐ってグサグサです。  🙁

DSC02405
念のため、外からホースで水をかけ点検してみます。
下の方から徐々に上の方へ、慎重に。そして内部からの様子を集中して観察します。

DSC02414

DSC02421

サッシに水抜き穴がありますが(A,オレンジ矢印)
方立にかけた時、少し漏ってきました。(B,ブルー矢印)

DSC02426

サッシ上部の方立にかけるとボトボト漏ってきました・・・。

DSC02420

この時点の推測ですが、2階のサッシの構造を見ると、方立の下に水抜き穴があって、
そこがコーキングにより塞がってしまい、壁内部へ水が浸入していったようです。

DSC02428

DSC02430

【雨漏りの原因】
・新築当初から輸入サッシの構造が理解されてなかった。
・サッシから水漏れした時の、水の抜け道を確保してなかった。
・水切り板金の納め方、輸入外壁材の納め方を理解できてなかった。

築18年、建った当時から漏るべくして漏った・・・感じです。
たまたま、このお宅だけだったのか、こういう状態をみると
中古住宅を購入するのが怖くなります・・・。

→次回、修繕に入ります。

 

 

おすすめ記事!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキングに参加してます!
一日いちポチッお願いします!

人気ブログランキングへ

最近の記事

プロフィール

2016-01-08 19.45.52-1

国友 武士
・一級建築士
・一級建築施工管理技士
・㈲建築工房T・スタイル 代表取締役
・1970年生まれ、福岡市出身、福岡市在住
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
住まいづくりを通して、
そのプロジェクトに関わったすべての方々が
「よかった!」「ありがとう!」と思える
建築の姿を探求し、”独自のスタイルで
設計から施工まで一貫して請負う建築会社”
を2003年に設立。
「現場は生きもの!現場第一主義!」を
モットーに日々現場を走り回ってます!!
詳しくはこちら

RSS ちげえる日記(大工さんのブログ)

  • タナボタピンタッカ! 2019年8月22日
    行きたくないー体だるいーおなか痛いー (。-_-。)。。。っとまぁぐずぐず言いながら今日も中央区の清川に。下階 […]
  • イライラ! 2019年8月21日
    気温が30度で少し涼しく感じる今日この頃。博多は曇りで今日からまた中央区の清川に。あれだ。出来るだけ仕事は楽し […]
  • 天国と地獄! 2019年8月20日
    日曜は清川に行き月曜は所用で体は休めず。(T_T)しっかりと休息が欲しいと思いつつ曇りの博多の空の下何日かぶり […]
ページ上部へ戻る