ブログ

快適な住まいづくり(大野城市)~戸建てリノベ編~③

■いよいよ着工!間仕切壁の補強工事から

売主の方の引越しも終わり、本格的に現地調査に入ります。
キッチンを移動するには、動線確保のため間仕切壁の撤去が必要です。
一部を剥がして構造の状態を見ます。

20151127_180549-1

梁の補強をすれば、なんとか壁を撤去出来そうです。

20151203_162711-1

なんとか撤去出来ました。

 

■やはり・・・雨漏り発覚

初見の時に気になった窓まわりです。
売主の方の話では、以前雨漏りしていた所も今は直っているということでしたが、
この外壁のコーキング処理の仕方、とても気になります。(矢印部分)

DSC02430-2

内壁の石膏ボードを剥がしてみると、間柱も構造合板も腐ってグサグサです。  🙁

DSC02405
念のため、外からホースで水をかけ点検してみます。
下の方から徐々に上の方へ、慎重に。そして内部からの様子を集中して観察します。

DSC02414

DSC02421

サッシに水抜き穴がありますが(A,オレンジ矢印)
方立にかけた時、少し漏ってきました。(B,ブルー矢印)

DSC02426

サッシ上部の方立にかけるとボトボト漏ってきました・・・。

DSC02420

この時点の推測ですが、2階のサッシの構造を見ると、方立の下に水抜き穴があって、
そこがコーキングにより塞がってしまい、壁内部へ水が浸入していったようです。

DSC02428

DSC02430

【雨漏りの原因】
・新築当初から輸入サッシの構造が理解されてなかった。
・サッシから水漏れした時の、水の抜け道を確保してなかった。
・水切り板金の納め方、輸入外壁材の納め方を理解できてなかった。

築18年、建った当時から漏るべくして漏った・・・感じです。
たまたま、このお宅だけだったのか、こういう状態をみると
中古住宅を購入するのが怖くなります・・・。

→次回、修繕に入ります。

 

 

おすすめ記事!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキングに参加してます!
一日いちポチッお願いします!

人気ブログランキングへ

最近の記事

プロフィール

2016-01-08 19.45.52-1

国友 武士
・一級建築士
・一級建築施工管理技士
・㈲建築工房T・スタイル 代表取締役
・1970年生まれ、福岡市出身、福岡市在住
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
住まいづくりを通して、
そのプロジェクトに関わったすべての方々が
「よかった!」「ありがとう!」と思える
建築の姿を探求し、”独自のスタイルで
設計から施工まで一貫して請負う建築会社”
を2003年に設立。
「現場は生きもの!現場第一主義!」を
モットーに日々現場を走り回ってます!!
詳しくはこちら

RSS ちげえる日記(大工さんのブログ)

  • 連休の! 2018年4月25日
    博多は雨のち曇り。連休の話題が出とる中今日も 早良区内野に。作業は床の続きで養生が来てから&nbsp […]
  • 雨振り! 2018年4月24日
    博多は雨。結構雨風強く涼しくなりました。んで早良区内野続き。フローリング貼りですが朝から設備が来て配管の続き […]
  • 今週は…! 2018年4月23日
    月曜の博多は曇り。朝、車に乗り込むとき後輪に釘が刺さってるのを発見。先週末に刺さったんだろうか。空気抜けてない […]
ページ上部へ戻る